スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

年末年始はヒマですね。

つまらん年末年始特番が始まったので、
ビデオをまとめて借りてきました。
今回、見たのは下の8作。

『ヒトラー最期の12日間』
『ある公爵夫人の生涯』
『ウォッチメン』
『グラン・トリノ』
『スウィーニー・トッド』
『ダウト』
『B型の彼氏』
『スタンド・バイ・ミー』


ちょっとした感想は↓に
『ヒトラー最期の12日間』
 文字通り、ヒトラーの最期の12日間を描いた映画です。
 この原作であるトラウデル・ユンゲの『私はヒトラーの秘書だった』も
 読みましたが、ヒトラーのイメージが変わるような作品です。
 彼女視点のみで見ると、ヒトラーというのは彼女が最初に述べているように
 とても紳士的であるように思えます。
 映画では、ヒトラーの惨忍性も描かれていますが。
 『我が教え子、ヒトラー』もそうでしたが、ヒトラーの今まで見れなかった部分が
 見れる作品かと思います。(原作の方がユンゲの視点のみで書かれているためより顕著です)
 『我が教え子、ヒトラー』はブラック・ユーモアたっぷりに描かれているので
 そこで描かれたヒトラーをそのままその人間像として見る事は出来ないでしょうが。
 
 ヒトラーに心酔するSS(ナチス親衛隊)や共に死を選んだゲッベルス家族を見ていると
 なぜドイツ人がヒトラーを総統とする道を選んでしまったのか
 フロムの『自由からの逃走』を少し読みたくなりました。
 難しいだろうから読まないですけど



『ある公爵夫人の生涯』

 実在した17世紀に実在したデヴォンシャー公爵夫人の話。
 17歳でデヴォンシャー公爵のもとに嫁いだジョージアナ。
 社交界の華として人気を集めるが、夫の公爵とは愛のない生活をしていた。
 
 一応、妻の身である私としては、とにかく泣きました。
 こんなひどい話はありません。
 映画内では少なくともジョージアナはとっても魅力溢れる人。
 対して夫である公爵は平気で浮気。
 この時代、妾がいて当然っちゃ当然なんでしょうが
 現代を生きる私としては…。
 
 フランス革命と同時代のお話のようですが、
 イギリスはずいぶん、優雅だったんですね~
 この映画だけを見てそう判断は出来ませんが。



『ウォッチメン』

 う~ん、よく分かりませんでしたな。



『グラン・トリノ』

 気難しく息子たちともうまく付き合えない差別主義者(?)だった主人公が
 隣に引っ越してきたモン族の家族と付き合うようになり・・・
 
 ラストがなぁ。あれじゃ誰も幸せになれませんよ。
 じゃあ、どうしたらいいのかって言われたらどうしようもないんですけど。
 自分の家族からは疎まれているという設定になってましたが、
 あの家族じゃ相当、心の広い人じゃないと付き合っていけないでしょう。
 主人公のウォルトが家族の言葉に対していい顔しないのも当たり前。
 原因作ったのは、もともとウォルトだったかもしれませんが。
 ちょこちょこ?なとこはありましたが、泣けました。
 号泣でした。
 


『スウィーニー・トッド』

 妻を判事に見初められ、無実の罪で投獄されたベンジャミン・バーカーが
 スウィーニー・トッドと名前を変えて帰ってくる。
 そこで妻子の悲惨な運命を聞かされて判事に復讐することを決めるが。
 
 決して笑える話じゃないんですが、あまりに簡単に人を殺して
 ピューピュー血が出るのでなんか笑ってしまいました。
 最後もやっぱりね、という感じ。
 ジョニー・デップの歌声はなかなかステキでした。



『ダウト』
 厳格なカトリック校の教師であるジェイムズは神父フリンが
 自分の生徒である黒人少年と性的な関係を持ったのではと疑いを持ち、
 校長のアロイシアスに伝える。
 フリン神父は否定をするが、アロイシアスは疑いを深めていき・・・

 やっぱりこれも最後に「え~、それで終わり!?」という感じで。
 この映画は題材的にあのラストがふさわしいんでしょうが。
 なかなか面白かったです。



『B型の彼氏』

 題名の通り、B型の彼と付き合う人の話です。
 
 韓国ドラマ『サンドゥ、学校へ行こう!』のイ・ドンゴンが好きで
 その彼が主役を務めるこの映画も公開当時から気になっていたんですが。
 私の好きなイ・ドンゴンじゃない・・・



『スタンド・バイ・ミー』

 説明する必要もありませんね。
 この映画を見たのは今回で何回目だろう。
 旦那は初めて見たらしいのですが、泣いとりました。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ぼつこ

Author:ぼつこ
カエル大好きぐぅたら主婦です☆

最新記事
☆ランキング参加中☆
ポチッと応援お願いします。 にほんブログ村 鳥ブログ ボタンインコへ
にほんブログ村

FC2Blog Ranking

最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
リンク
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。