スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

前途多難

退院して一週間ちょっと経ちました。
私の入院中にストレスをためていたらしいお鳥様たち。
入院中のお世話係に、と妹を呼んではいたのですが
仕事で一日中いないですし、
ずっといた人間(私)が突然姿を消したことで
少なからずショックを受けたようでした。
(女の子たちは私がいなかったことに気づいてなさそうでしたけど)

特にぼっちゃんは、せっかく随分生えてきていた羽をすっかり抜いてしまっていました。
そこで私もショックを受けていたのですが、
直後にジョージのケガ。

ぼっちゃんとジョージは長いこと同じケージで暮らしていて
ちょこちょこケンカはしていましたが血を見るようなことはなかったと思います。
ですが、先日いつものように放鳥にいくと
ジョージの足が血だらけになり
固まった血で後ろ指と前の指がくっついてしまっていました。
気がついた時には既に血は止まっていましたが
とまり木や餌入れなどにも血がべったりとついている状態で
かなり出血したことがうかがえました。

どうしてケガをしたのか見てはいませんが
おそらく、ぼっちゃんにやられたのでしょう。
こんなに強く噛むほどぼっちゃんにストレスを与えてしまったのだろうかと
ぼっちゃんにもジョージにも申し訳ない気持ちでいっぱいです。
私の出産と今回のケガに関係はないかもしれませんが
このタイミングで今までにないようなこのケガ。
やはり私のせいなのかな、と思います。

そして自分で病院に連れていってあげられない不甲斐なさ。
とりあえず、くっついてしまった指を離してもらおうと
母に比較的近所にある鳥も診てくれる病院に連れていってもらい、
翌日、今度は妹に頼んで鳥専門の病院に連れていってもらいました。

最初の病院では骨に傷が…、と言われたようですが
鳥専門病院ではそこまでは大丈夫ということでした。
ですが、噛まれたせいで血流が悪くなっているので
最悪、爪を落としてしまう可能性もあるそうです。

指を離してもらった段階で、二本の足で立ってはいましたが
痛みが強いようでケガした方の足に体重はかけられないようです。

そのため固いとまり木だと、ケガをしていない方の足に負担がかかってしまうということで
とまり木に巻くクッション材をもらってきました。



今朝のジョージ。
安静にしていないといけないのですが
体重を量るために5分弱ほどケージから出しました。
ひどいケガをしてもぼっちゃんと一緒がいいみたいです。








私の退院直後のジョージ。



いつもより甘ったれ度が増してました。






少しの間でも置いていかれたことが寂しかったんだね。




妊娠中から、守らなければならない命が増えたことに不安を感じていましたが
今回のケガでその責任の重みを痛感しました。
自分がそれを負えるのか自信がありませんが
だからと言って手離すことは出来ないし…。

これからこんなことがないようにもちろん気を付けますが
心がおれそうになるようなことあるんだろうな。
この子達の方が私以上に傷ついているでしょうが。


今日の記事は嫌な記事でスミマセン。
まとまりもないな…

もっと気を付けろよ、自分って話でした。
最後まで読んでくださった皆様、ありがとうございました。
スポンサーサイト
プロフィール

ぼつこ

Author:ぼつこ
カエル大好きぐぅたら主婦です☆

最新記事
☆ランキング参加中☆
ポチッと応援お願いします。 にほんブログ村 鳥ブログ ボタンインコへ
にほんブログ村

FC2Blog Ranking

最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
リンク
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。